お金の価値観

お金の形で変わってしまう感覚


お金というのは細かく数字が設定されているもので、我々は過敏にその金額に反応します。

しかし、一方でお金を使う際には結構ふわっとした感覚の人も多いのではないでしょうか。

私は財布にお札があると使用することに躊躇しますが、小銭だとすぐに使ってしまいがちです。

千円札1枚と五百円玉2枚では扱いがまったく異なるのです。

一万円札ともなれば、なるべくギリギリまで使うことを避け続けます。

同じ金額でも形状が違うだけで扱いが変わり、後々財布の中身が少ないことに嘆くことも少なくありません。

変に財布の中身に余裕があると、どうでもいいものでも気にせず買ってしまうのでよくありません。

少なくなるとお金の扱いに急に過敏になってくるので、最初からそうすればよいのにとは思うのですが、金銭感覚というものは簡単に操作出来るものではないようです。

少なくとも、私の場合は。

こうした感覚の麻痺のようなものが怖くて、私はクレジットカードやネットマネーのようなバーチャルな貨幣には中々手を出すことが出来ずにいます。

実物のお金でも多いとルーズになるのに、数字しか表示されなくなると余計にお金にルーズになりそうなのです。

こういうお金の感覚の話をしていると理解してくれる人は多く、私達はお金の数字だけでなく、形にも結構惑わされているのだということがよく分かります。

ゲームの中にある架空の品を買う為にお金を沢山使い込んでしまっているというニュースにもあるように、そこにはビジネス的に付け入る隙があるかもしれません。

私達は日々何かに惑わされてお金を使っています。

それは、誰かの作り出した幻かもしれませんし、自分が生み出した幻かもしれません。

何に惑わされるにしても、なるべく楽しく、後悔しないようにお金を使いたいものです。

 
...