お金の価値観

自分が想像している人生で一番高い買い物


私は、どちらかと言えばケチや節約志向といった感じの考え方を持っています。

幼い頃から家事をしていたこともあり自炊も苦なく、それでいて安くて美味しい物を考えています。

ファッションなども一つ二つくらい他所行きの物がある程度で残りは、適当に安い物で揃えています。

携帯も電話が出来れば問題ないと考えてガラケーの物を5年ほど使い続けてます。

そんな私も宝くじなどで大金が入ったら最初に何をするのか考えたことがあります。

自分のためにどれだけ使えるか考えるとアレもコレも勿体無いイメージが強くでてしまうんですけどね。

最終的に8割ほど一人で育ててくれた母にプレゼントすると思います。

そして残ったお金で自分にとって一番であろう贅沢をして一瞬で使い切りたいです。

宝くじなどだとあぶく銭ですから、それに慣れてしまう前にいつもと変わらない生活にしたいです。

そこで1千万か2千万ほどで何を買うのだろうといつもあれこれ悩んでしまいます。

欲しい服とか普段食べてない食事だとか色々ありますけど桁が桁ですので簡単に使い切るのも難しいです。

家とか土地とかそういう物は、母に渡す分で好きにしてもらって自分の生活拠点を変化させる気持ちもないです。

免許も取っていないので車にも興味はありません。結局何か形になる物に使うことが自分に合っていないと感じました。

その結果、夢というか一度だけやってみたいと思っている事に贅沢に使いたいと思います。それは、世界一周旅行です。

豪華客船などで回る旅行プランじゃなく、あれこれ自分で歩き回って様々な国を見て歩きたいです。

まだまだ知らない世界を見て新しい物に触れて、沢山のことを経験してみたいです。

その経験を大事にして新しい目標を作るのではなく、経験そのものを求めていきたいです。

お金があれば事業を始めたい



事業を始めるにはなんと言ってもお金が必要です。

事業所の設立の税務署など手続きにかかる費用から事務所を借りる費用、設備、人件費などを含めた事業の当面の運転資金なども必要になってきます。

今私がやってみたい事業のひとつが雑貨販売です。

輸入雑貨などもやってみたいと思います。

仕入れなども現地にいってバイヤーとして買い付けたり情報を収集したりできればと思います。

そういったものにはやはりまとまったお金が必要なので今すぐに始めることができる事業と言うわけにはいきません。

買い付け費用や仕入れ額などそうとう嵩みそうに思います。

事業は種類によってはほとんど身一つでできるものもあればパソコンとインターネットがつながっていればできる物もありますが実物を扱い、在庫を抱えるようなものは資金が必要でお金がないと話になりません。

今現在は、そういった希望もまだ目標にもなっていませんが、少しずつ貯金をするようにしています。

しかし、これもまた貯金を目標額まで貯めてからというとずいぶん先になってしまいます。

ある程度のところで資金調達をしてお金を借りて始めるというのが現実的なことだと思います。

何事も一から始めるのは並大抵のことではありませんが少しずつ進んでいけば道は開けてくるのではないかと思っています。

資金面だけでなくモチベーションを保つためにも雑貨の勉強や情報収集をしていくということも大切だと思います。

それでも好きなことは自然と興味がわきいろいろと勉強できます。

そう思うとやはり開業資金というのが大きなハードルとなるのでこつこつ貯めていくことが当面の目標のようです。

ただお金は貯めていく限りは減っていくこともないので目標にしやすいものであるというのもあります。

自由になりたくて自立した結果


私は成人してからしばらくするまで、ほぼ実家で過ごしていました。

人の家に泊まりに行ったりすることも苦手で、学校などが無い限りはとにかく家にいるような子供でした。

そんな私が一人暮しをすることになり、両親は喜ぶと同時に少し心配もしてくれていました。

自立することは良いことだし、いつまでも親のすねを齧る生活は私だってしたくはありませんでした。

人生初と言っていいくらい思い切った選択だったと思います。

後悔はしたくなかったので、1年猶予を取ってじっくり計画しました。


最初の頃は一人でいることが不安で正直何も楽しくない日々でした。

慣れてくると新しい環境でも生きていけるものなんだと思えるようになりました。

仕事はずっとコンビニのアルバイトをしていたのですが、新しい土地では全く違う職種に就きました。

これは良かったと思っています。

今までの経験も活かせているし、他の知識も身につきます。


ただ親に迷惑をかけながら色んなことを心配しながら実家に居るのが耐えれなかっただけかもしれません。

今は家を出てほっとしている自分がいます。

そしてお金を自分でやりくりするようになって、その大切さにも気づきました。

私が当たり前のように使っていた親のお金は、たくさん働いて苦労して稼いだお金だったのです。

くだらないことにもたくさん使ってきました。

人のものだというありがたみも感じず、くれるからと使っていました。

私が親になったとき、私にしてくれたようにお金をあげれる自信がありません。

もっと感謝しなさいとか、お金ってとても大事なものだとかそういう事を必死に教えようとするかもしれません。

自分がしてきたことを、同じことをさせたくはありません。

親孝行としてこれからは実家への仕送りもしていきたいと思っています。

お金の心配がない生活ができるなら…


私は正社員で共稼ぎ夫婦の娘として、生まれ育ちました。

祖父の持家があったので家賃もいらず、経済的には恵まれていました。私と弟二人いるのですが、教育費にはお金を惜しまず出してもらい、

塾通いや私立高校、私立大学も出してもらいました。

また海外旅行にも連れて行ってもらったり、成人式には高めの着物を買ってもらったりもしました。

派手な生活はしませんでしたが、お金がないという問題に直面することはありませんでした。

大学を卒業して就職した私は、職場の年配の方が「結婚相手はお金も大事」と言っているのを聞いて、そんなものかなと理解できませんでした。

愛情があれば一番だと思いました。そして収入が安めの旦那と結婚しました。

結婚してしばらくは共稼ぎをしていたのですが、娘を出産して仕事を辞めて、旦那一人の収入では家計が苦しくなりました。

でも保育園はいっぱいで、働きに出られません。日々節約をしていて、お金の問題に直面することとなりました。

お給料があと5万円でも高ければ、私は二人目の子どもを作りたいです。

三人で生活するのがいっぱいなので、とても今の状況で二人目を考えられません。

また毎月外食がしたいし、牛肉を食べたいです。

今はもっぱら旦那の両親におごってもらい、牛肉は自分では買いません。

娘の教育費を惜しみなく出したいです。私立の小学校から入れて、エスカレーターで大学まで出したいです。

今は独身時代の軽自動車に乗っていますが、かっこいい普通車に乗りたいです。

家は中古戸建てを買ったのですが、新築でもっと治安の良いところに買いたかったです。

また頻繁に旅行がしたいです。近場の海外に行ったり、国内旅行をしたりと、長期休みを楽しみたいです。

デパートで買い物がしたいです。娘にもお出かけ用にブランド服を、少しは買いたいです。

このように希望はたくさんありますし、結婚相手はお金も大事と言っていた人達の気持ちが、今はわかります。

今は不幸せとは思いませんが、宝くじに当たることを夢見ています。

...