お金の価値観

お金があれば事業を始めたい



事業を始めるにはなんと言ってもお金が必要です。

事業所の設立の税務署など手続きにかかる費用から事務所を借りる費用、設備、人件費などを含めた事業の当面の運転資金なども必要になってきます。

今私がやってみたい事業のひとつが雑貨販売です。

輸入雑貨などもやってみたいと思います。

仕入れなども現地にいってバイヤーとして買い付けたり情報を収集したりできればと思います。

そういったものにはやはりまとまったお金が必要なので今すぐに始めることができる事業と言うわけにはいきません。

買い付け費用や仕入れ額などそうとう嵩みそうに思います。

事業は種類によってはほとんど身一つでできるものもあればパソコンとインターネットがつながっていればできる物もありますが実物を扱い、在庫を抱えるようなものは資金が必要でお金がないと話になりません。

今現在は、そういった希望もまだ目標にもなっていませんが、少しずつ貯金をするようにしています。

しかし、これもまた貯金を目標額まで貯めてからというとずいぶん先になってしまいます。

ある程度のところで資金調達をしてお金を借りて始めるというのが現実的なことだと思います。

何事も一から始めるのは並大抵のことではありませんが少しずつ進んでいけば道は開けてくるのではないかと思っています。

資金面だけでなくモチベーションを保つためにも雑貨の勉強や情報収集をしていくということも大切だと思います。

それでも好きなことは自然と興味がわきいろいろと勉強できます。

そう思うとやはり開業資金というのが大きなハードルとなるのでこつこつ貯めていくことが当面の目標のようです。

ただお金は貯めていく限りは減っていくこともないので目標にしやすいものであるというのもあります。

...